箱根のお宿「はなをり」に泊まったよ。

先日、お母さんと二人で親子みずいらずの箱根旅行に行ってまいりました🍵

その際に宿泊したのが、芦ノ湖の近くにある「はなをり」。というわけで、今回は「はなをり」のレビュー記事です!

ホテルレビューは、なんやかんやで初でございます✋

 

結論から言って、と〜〜〜っても素敵なお宿でした!

今回はお母さんと行ったのですが、友達と行っても、恋人と行っても大満足だと思います。ぜひこの記事が参考になればと思います👐

 

 

じゃらんで予約したよ

 

紅葉シーズンの箱根は非常に人気なので、一ヶ月前に予約サイトを見たところ、どこも結構な高値。どうせ高いなら抜群にいい場所に泊まろう!ということで、今回は奮発しました💰✨ じゃらんでお宿を探したところ、2017年にできたばかりの凄くキレイそうな宿を発見しました。それが「はなをり」です!

 

時々インスタの広告でまわってくる、こんな画像↓見たことありませんか?👀(私は結構見たことあって、「あ!ここは!」となりました)

 

※写真は公式サイトより

 

そう!これこそが今回泊まる「はなをり」なのです🎉

▶はなをり 公式ホームページはこちら

 

露天風呂付き客室で一人2万円ほどのお宿をとりました。

露天風呂付き客室、死ぬまでに一回は泊まってみたいってず〜〜〜〜っと思ってて。泊まっちゃえ!と思って予約しました♥

 

▶はなをりの予約はこちらから(じゃらんに遷移します)

 

 

「はなをり」までのアクセス

 

宿までは、予約すると小田原駅からバスで送迎してくれます。箱根湯本駅から行く場合は、芦ノ湖の「桃源台駅」に着くようにするのがオススメです。今回私は強羅の方からケーブルカー、ロープウェイを使って桃源台駅へ向かいました。

 

▼歩いて5分くらい!暗くても辿り着けます👍

 

立地がとても良いのもポイントです💡

 

▼入り口。1周年のアニバーサリーのれん!

 

外観はこんな感じ。季節はずれの桜が咲いてました🌸

 

 

 

入り口からエントランスまで

 

入り口までは坂道になっているので、ちょっとお年寄りにはキツいかも…?(他の道もあるのかな?)

 

 

大きな入口ではなく、サイドからのこじんまりとした入場。

 

▼ドーンと入るわけじゃないんです。その理由は後々!

 

中に入ると、受付と広々としたロビーが。売店とカフェも併設されています。

 

 

一番の見どころは、このテラスです✨

冒頭にのせたアー写がこちら!当日は曇り空だったため、少しぼんやりした画になっていますが、晴れたらもっと違うんだろうなぁ。このテラスの横には足湯ができるスポットもあります👌

 

▼サイドに入り口があるのは、このテラスのため。

 

芦ノ湖が一望できるので、ぼんやりとリラックスできます。海賊船の行き来を眺めるだけで、心が穏やかになりました🍵

 

 

お部屋のご紹介!!!

 

「はなをり」は3棟にわかれており、温泉・レストラン・受付がある棟+宿泊棟2つの構成になっています。受付の棟から一番遠い棟だったため、少し歩いたり「本当に合ってるかな…?」と迷いもしましたが、無事到着🙏

 

▼3階のお部屋に宿泊シマシタ

 

和洋折衷なお部屋です。と〜〜〜ってもキレイで、さすがは新築といったところです!

 

 

▼壁についてる薄型テレビ

 

テレビの横にある、飲み物とかおいてあるところ。ティーバッグ持って帰ればよかった(と今写真を見て気づいた…)。

 

 

▼お手洗いも、死角なしのキレイさ!

 

▼露天風呂、大浴場もあることから、シャワールームは小さめ。

 

\客室についてる!露天風呂!!!/

 

お部屋の露天風呂からも紅葉が眺められました🍁

 

 

部屋のアメニティも充実していて、スキンケアのアイテムもおいてありました。すべて「WAGOKORO」というDHCのアイテムで、シャンプーもキシキシせず、とても上質に感じました…✨

 

 

▼4タイプのアイテム、不足なし…!

 

▼シャンプーも良かったです!

 

 

待望のビュッフェへ‥

 

ホテルの楽しみのひとつ、それはお食事。今回は夜・朝食付きのプランにしまして、両方共ビュッフェ形式でございました。「季しかり(ときしかり)」というレストランでお食事をいただきました。

かなり広いレストランで、宿泊してるお客さんは皆このレストランを利用しているようでした💡

 

 

まずは↑の前菜・お刺身を選んでください、ということで色々とチョイス。ビュッフェだとついつい欲張りになって多く取ってしまうところ、すでにわけられてる小皿を取るとなれば、それも抑止できますよね。

 

別途でビールも注文。お食事は和食がメインで、全体的にヘルシーな味付が多かったです。ポテトとか、パスタ・ピザなどのジャンキーなものは一切ありませんでした。(ちょっとさみしかったw)お子様メニュー的なものもなかったので、大人向けの宿なんだなぁと改めて実感しました。

 

 

メイン料理のお肉とお魚は、あらかじめ配布されている木札を持って注文しにいきます。焼き上がりを席まで持ってきてくれるので、手間も省けます。

 

▼と〜〜〜〜っても美味しいステーキでした!

 

一番充実してるな〜と思ったのがスイーツコーナーです!お食事はヘルシー路線だったのですが、スイーツはそんなこともなく…甘いものが食べたい!という欲を満たしてくれるラインナップでした。

 

▼この時期ならではのマロンケーキ🌰

 

 

▼他にもチーズケーキやブラウニー、アイスクリームもありました!

 

これ以外にもひとつビックリしたポイントがありまして…

 

大浴場についてたドライヤーが、、、

すべて、、、

 

 

 

 

 

ダイソンだったんです…

 

初めてダイソンのドライヤーつかっちゃいました!快適ィ〜〜〜!

お部屋のドライヤーはダイソンではなかったのですが、大浴場はすべて!すべてがダイソォン。びっくりしてしまいました👀

 

 

「はなをり」のレポートをしてきたわけですが、こちらのお宿は大人向けだなと実感しました!

もちろんファミリーで泊まっている方も大勢いましたが、いちばんはお食事がかなりヘルシーだったので、お子様は物足りないかも…?という印象です。乳幼児だったらそもそも関係ないかもしれませんが…!

 

というわけで、「はなをり」のレポートは以上でございます👌

箱根で奮発したい!という方にはとってもおすすめの宿ですので、ぜひご参考ください〜!

 

 

▶はなをりの予約はこちらから

 

 

 

ディズニー・ハロウィーン(シー) '18 に行ったよ。

おひさしぶりのディズニーシーレポでございます!

っていっても、一ヶ月以上前のお話です。笑 時経ちすぎた\(^.^)/ 今回は10月末までディズニーシーで開催されていたディズニー・ハロウィンについてレポしていきます✋

 

▼去年のレポート(ランド編)はコチラ

ディズニー・ハロウィーン '17 に行ったよ。

 

今回のレポはかなり時間があいてしまったので、写真メインにしたいと思います。当日は10月とは思えない夏日・快晴だったので、とてもいい写真が撮れました✨

 

 

 

ヴィランズがたくさんいた件

 

 

ここ数年ディズニーシーのハロウィンのテーマはヴィランズ(ディズニー映画に出てくる悪役たち)です。去年はシーに行けなかったので2年ぶりでしたが、ヴィランズ感が前回よりパワーアップしたように感じました💡

 

ミッキーたちはヴィランズの仮装をしています。エントランスにあるタペストリーもヴィランズカラー・柄です🎃

 

▼ジャファーの仮装をしたグーフィー。タペストリーの正式名称がわからない…!

 

▼マレフィセントの手下・ゴブリン。躍動感あふれる足元w

 

エントランスではヴィランズのグリーティングがありました。メインハーバーではヴィランズのショー。さらにアメリカン・ウォーターフロントにはフォトスポットもありました📷 長蛇の列ができていたので、遠巻きから見守りました。

 

▼アースラちゃん

 

▼白雪姫の魔女おばさん

 

ヴィランズをモチーフにしたフードもたくさんありました!今回はパスタとうきわまんを食べたんですが、どちらも\リピ確/な美味しいごはんでした😋(限定フードだからなかなかリピできない涙)

 

▼アースラをイメージした海鮮系のクリームパスタ

 

▼普段より中のお肉がピリッとしました⚡

 

 

快晴フォト🌏

 

 

 

実はこの日、はじめてベネツィアン・ゴンドラにのったんです!ゴンドリエのお兄さんも優しくて(かっこよくて)優雅なひとときでした☕

 

 

 

▼我ながらいい写真(いい背中)や

 

 

ハピエストミッキースポット〜シー編〜

 

前回のランドレポ記事でもご紹介した”ハピエストミッキースポット”、略してミキスポ(勝手に呼んでる)。35周年を記念して、テーマランドに合わせたコスチュームを着たミッキーの銅像がいたるところに設置されています。ミキスポはランドだけではなく、シーにもあるんです✨

 

▼ミステリアスアイランド「ワカメ読むミッキー」

 

 

▼ロストリバーデルタ「鉄の網で捕まえた蝶」

 

▼メディテレーニアンハーバー「舵切りマウス」(いいの思いつかなかった)

 

今回ミキスポを3箇所しか巡ることができなかったので、近々リベンジしたいです😂

 

 

パジャマパーティーダッフィーが可愛すぎた

 

シーのお楽しみのひとつといえば、ダッフィー&フレンズ(* ̄(エ) ̄*)💘 この秋は「パジャマパーティー」をコンセプトに、パジャマ姿でお菓子やホットドリンクをたのしむダッフィーたちが登場しました。もうこれッ…最初かわいすぎて「!?!?」ってなったもん。

 

▼注目してほしい…スリッパに…

 

パラッツォ・カナル(ベネチアをテーマにした運河付近)では、ジェラトーニが描いたパジャマパーティーの様子が。

 

▼画伯うますぎぃ

 

▼ショップ内のダフィさんたち

 

エントランスのショーウィンドウの中に、ひときわ大きなダッフィーたちが飾られていました。みんな眠っていて、お腹がふくらむんです。やりよる…!!!

 

▼ガラスの反射がうつらないように近づいた結果、ドアップ

 

▼足元に添えられていたスリッパ…きゅん。

 

最近のダッフィーさんの勢いはすごくて、1シーズンにいろんなテーマのダッフィーを見ることができます👀今年のクリスマス期間中は「ダッフィーのクリスマス」と「ダッフィーのトゥインクルスター」という2つのテーマを展開しています🎉さらに35周年イベントに関連して「ハッピーマーチングファン」というテーマも。

 

1シーズンでいろんなダッフィーのグッズ、フード、フォトスポットが楽しめるという贅沢さ👏

 

▼ハッピーマーチングファンのダッフィーパネル

 

▼結構前からある、ハロウィン時期に出没する飾り(かわいい)

 

写真メインのレポートは以上でございます〜👊

(このくらいの文章量だとサックリ記事が書き終わるな…✨)

 

また来年ハロウィンディズニーにいけますように。

 

▼ハロウィンは夜の灯りにも注目です🎃

長野・小布施いいとこだったよ。Part4

■ バックナンバー

Perfume遠征編(ネタバレなし)

Part1 長野到着〜仲町通り編

Part2 善光寺編

Part3 酒飲み編

 

 

小布施にGO

 

2日目は長野でも有名な観光地・小布施(おぶせ)に向かいました。小布施は子どものころに家族で行ったことがある場所です。小学生の時だったので記憶がぼんやり。

 

小布施までは長野駅から長野電鉄に乗ってむかいます。30分くらいかかるので、信州くらうどで各々ジュース・おやきを買いました。わたしはのむヨーグルトをチョイス。濃厚で美味しかったです!

 

 

長野駅のまわりは結構栄えてるんですが、小布施は田舎感が強かったです!駅もこのとおり。ここから見渡せる山々は「北信五岳」といい、飯綱山・戸隠山・黒姫山・斑尾山・妙高山が見渡されるそうです💡

 

▼ヤマァ〜〜

 

▼むかしの電車(?)が展示されてました

 

 

小布施にいくことは決めていたものの、どう小布施をまわるかはノープランだった私たち。駅の中でマップでも貰おうと探していたら、ボランティアの方に声をかけられました。小布施駅の駅舎内にはボランティア観光の相談にのってくださる方々がいました。マップを見ながらおすすめの場所や主要な場所を紹介してもらい、今回はそのとおりに行ってみました😊とてもありがたかったです!✨

 

▼駅前の広いロータリー

 

小布施駅から少し歩くと、素敵な街並みが広がります。雰囲気は違うけど、鎌倉や川越に近いかな。瓦屋根の建物が多く歴史を感じる一方で、新しくできたカフェがあったり、道も整備されているので「古めかしい」という印象はありません。

 

▼テラス席がある和カフェ

 

 

▼大人気の「栗の木テラス」行列ができてました!

 

 

ぷち探検!栗の小径

 

「小布施堂」という栗菓子のお店では、他にもカフェや酒造・バーなどが併設されています。その一帯を探索できるのが栗の小径

 

▼お店に隣接する木の門か、店内右側にある出口から小径に入ります

 

小径に入ってすぐロータリーと家屋があります。左手には「えんとつ」というカフェがあり、モンブランが食べられます。が!!!このモンブラン超絶人気らしく…私が行った時には整理券の配布が終了してました。整理券制ってことは、よっぽど人気なんだな👀

 

小布施は善光寺よりもはるかに人が多くて、ご飯にありつくのも一苦労でした。というか、ご飯食べずに長野駅にもどちゃったんですよね。小布施でご飯を食べる際は、結構並ぶことを覚悟しておいた方がよいです👆

 

 

小径の続きです。「えんとつ」を通りすぎると、道が細くなってきます。

 

 

 

 

小径をぬけると、葛飾北斎の美術館「北斎館」のあるエリアに出ます。ここにもレストランやワゴン、お土産屋さんがあります。

 

▼小径の終着点には大木が

 

甘味が食べれたり、お土産が買える「北斎亭」。ここで栗菓子のお土産を買いました👍

 

 

 

北斎館に行ったよ

 

せっかくなので北斎館にも入りました。

きたる2019年、パスポートのデザインが北斎の「冨嶽三十六景」になります。それを記念し、北斎館では「北斎VS北斎 冨嶽三十六景×富嶽百景」という企画展が開催されていました(※企画展は2018年11月25日で終了です)

 

 

「画狂人」と自称していた北斎は、富士山という1つのテーマで膨大な数の絵を描き残しています。さすがは画狂人!画狂人ってすごいパワーワード!展示の途中にはフォトスポットもあって、まるで北斎の絵の中に入ったような写真が撮れます。浮世絵ってなんだかんだ結構好きかも〜と思ったりしました🍵

 

この後は長野駅に戻り、駅ナカのお店でお昼をとりました👌とにかくいくらが食べたかったのです。

 

▼この輝き…

 

お土産を探していたらいつの間にか結構時間が経っていて、ちょっと急ぎ足で新幹線へ。無事、なにごともなくお家へ帰りました👏

 

 

お土産はこんな感じよ

 

今回買ったお土産の写真、ちゃんと撮ってみました!

 

 

・Future Popタオル(Perfumeグッズ)

・雷電カンヌキIPA(ビール)

・軽井沢高原ビール Brown IPA

・信州浪漫(ビール)

・しいたけスープ

・小布施浪漫 フィナンシェ

・小布施浪漫 ソフトクッキー

・善光寺のポストカードっぽい何か

・北斎のポストカード ×2枚

 

「小布施浪漫」は「栗の木」のお菓子です。バラ売りもあったので、フィナンシェはバラで1個買って、ソフトクッキーは家族用に箱で買いました🌰この中で一番良かったのはしいたけスープです。唐辛子?がちょっと入ってて、飲むと体がポカポカするんだな、これが。もう全部飲みきっちゃったから、また見つけたら買います🔥

 

ビールは後日美味しくいただきました😋

 

▼メッチャカッコイイデザインで賞

 

▼前回行った時は夏限定でしたが、今回は秋限定がでてました🎉

 

2ヶ月くらい経っちゃいましたが、長野・小布施の旅レポートはこれにて終了です!

Perfumeのライブ遠征のための長野でしたが、思った以上にがっつり観光できて嬉しかったです✨

 

Perfumeの方は12月の追加公演に無事当選しました🎉ので年内また最後にぶちあがってきます!今からたのしみ〜!

長野・小布施いいとこだったよ。Part3

■ バックナンバー

Perfume遠征編(ネタバレなし)

Part1 長野到着〜仲町通り編

Part2 善光寺編

 

 

信州くらうど、最高🎉

 

今回の旅行では長野駅の駅ビル「MIDORI」を大活用しました。お土産や軽食も買えるし、なんといっても立ちのみスペースがあるのです!ハクシュッ!👏たった2日しか滞在してなかったのに、何度MIDORIを利用したことか…感謝🙏

 

▼私が飲んだのは「ナイアガラ」。ぶどうジュースみたいで美味でした🍷

 

ラインナップはワイン、日本酒、ビールなど。おつまみも販売しています。ふらっと信州のおいしいお酒が飲めるの、ほんとサイコーでした…。ライブ前の景気づけに飲みましたが、新幹線の待ち時間に立ち寄ってもいいですね!このエリアには立ちのみスペース以外にもお酒やお土産を販売しています。今回はホテルの晩酌用のお酒もたくさん買いました🍶

 

おやきのテイクアウトができるお店もあるので、2日間で1コずつ食べました。

父が長野出身なので昔からおやきを食べていたんですが、当時は野沢菜とかなすとか嫌いだったんです(野菜だいっきらいだった)。だからいやいや食べていたという…。笑 今は変わり種も多いようで、初日はチーズ味を購入。2日目は原点回帰で野沢菜を食べてみたら、すごく美味しく感じました。味の好みって本当かわるなぁ〜としみじみ。野菜の甘みとか悪だと思ってたけど、野沢菜の甘みを美味しいと思えた…成長…。

 

 

夜は飲み屋でかんぱいっ🍺

 

信州くらうどに行った後は、ホテルにチェックイン→Perfumeのライブ。Perfume最高ナイトでした…👏 感動さめやらぬ中、帰りのシャトルバスにのって長野駅へ。居酒屋の予約時間よりも早かったので、0次会で近くのお店に立ち寄りました。ふらっと立ち寄ったお店がめちゃめちゃ当たりでした。

 

 

秋は日本酒がおいしい季節らしく、ひやおろしの中でも貴重なものを3つ選びました。左のなんてワインみたい。おしゃ〜。飲み比べセットを注文して、みんなで回し飲み。やっぱりいい日本酒はおいしい…( ˘ω˘) そしてジビエの串盛りを頼んで、初の熊肉・鹿肉・猪肉に挑戦!案外熊肉は平気だったかも。くさみはそこまでキツくない印象でした。

 

ササッと飲み食いし、次に予約していた「はちべい」へ。郷土料理が食べられる&究極のレモンサワーがあるということで、このお店に決めました。究極のレモンサワーがこちらです。

 

\ばぁぁぁああん/

 

 

めっちゃレモン連なってる〜〜〜!笑

迫力満点でみんなでキャイキャイ盛り上がりました((o(´∀`)o))キャイキャイ

 

▼凍っているだけなので、ガシガシと沈めていきます

 

一度頼んでしまえば中を注文できるので、永遠にレモンサワーが飲めます✨

とってもおすすめの逸品です!

 

この後はお店が閉まる頃まで飲んで、豪勢にタクシーでホテルまで戻りました。旅っぽい〜!

次は小布施への観光編です💨

更新、めちゃめちゃ時間があいてしまった!思い出せるかな〜〜〜!