冬の箱根に行ってきたよ。Part2

■ バックナンバー

Part1 フリーパスとか登山電車のこと編

 

 

ポーラ美術館に行ったよ

 

今回は強羅駅からバスにのり、ポーラ美術館へ向かいました。

 

▼約10分という良心的な距離

 

箱根はどこもかしこも山ばかり。山の中にぽつんとそびえ立つのがポーラ美術館です。

 

 

以前ブログでも記事にした彫刻の森美術館星の王子さまミュージアムは、駅が近かったり周りに建物も多かったのですが、ポーラ美術館の周りはほん…っと何もなかった。中にはカフェがありますが、お腹は満たした状態でくるのがよさそう👌

 

2002年にオープンしたため、施設はとってもキレイでした(っていっても16年前…時の流れ…😥)

 

 

外にもオブジェが数点おいてありました。

 

 

中に入ると↓こんな感じ。ガラスばりになっているので自然光がさしこみ、さらに紅葉が楽しめました🍁

ちなみにポーラ美術館は、箱根フリーパスを提示すると200円引きになりました(小・中学生は100円引きだそうです)

 

 

私が訪れた際は、企画展「ルドン ひらかれた夢ー幻想の世紀末から現代へ」が開催されていました(※現在は終了しています)。ルドンの絵を見たのは初めてで、凄く毒々しい奇妙な絵でびっくりしました👀

 

ルドンは、押見修造の「惡の華」や「ゲゲゲの鬼太郎」など漫画界にも影響をもたらしていたそうです。漫画への影響を説明しているブロックがあったので、そこで一気に親近感がわきました(単純)。知らなかったものが、すでに知っているものとつながってると知った瞬間って、ちょっと嬉しくなります💡

 

 

会場にはポストカードが置いてあって、プチスタンプラリーができました。ルドンの「日本風の花瓶」という作品をオマージュしていて、スタンプを押すとお花が咲いて、壺にも絵が現れます。

 

▼スタンプを押すところは2箇所あって、これは1箇所分(未完成)

 

さらに今回は「増田セバスチャン×クロード・モネ Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-」というコレクション企画も開催されていました(※こちらもすでに終了しています)。

 

きゃりーぱみゅぱみゅの衣装や、6%DOKIDOKIのデザイナーを務める増田セバスチャンさんの展示。最近はアートのシーンでも増田セバスチャンさん見るようになった気がする…!

 

▼展示ルームの前にあった増田セバスチャン仕様のクリスマスツリー

 

モネの「睡蓮の池」をイメージして作られたインスタレーション作品。音楽に合わせて光が点滅し、躍動感あふれる展示でした👏

 

▼センター奥には橋が架かっています

 

▼こんなに暗くなったりもする

 

幻想的な空間なのですが、よく見ると増田セバスチャンさんらしいポップな素材がふんだんに使われていて、何ともいえない不思議空間。音楽は、あらゆる楽器を単音ずつ鳴らして、鳴き声のようにしている感じでした(伝えるのむずかしい)。

 

最後に常設展の作品です。

常設展の作品はほとんどが撮影OK。ピカソやモネなど、私でも「知ってる〜!」となる作者の作品が多数ありました。いいなと思った作品を3つだけ撮ったので、のせておきます✋

 

▼アンリ・マティス《リュート》 これすごくかわいい🎸

 

▼ポール・シニャック《オーセールの橋》

 

▼エドゥアール・マネ《ベンチにて》

 

そこまで時間を潰せないかな?と思いきや、かなり見応えのある美術館でした✨最後のほうは駆け足になってしまったので、もっと時間をとればよかったな〜と思うくらい。

 

帰りは反対のバスにのってまた強羅駅に向かいました。ポーラ美術館はちょっと外れたところにあるので、バスの本数はそこまで多くないようです。帰りのバスは最初に確認しておくと吉ですね👌

 

▼ポーラ美術館のガイドブック

 

冬の箱根に行ってきたよ。Part1

先日お母さんと二人で冬の箱根旅行に行ってまいりました🍊

箱根に行くのは去年の夏ぶり。前回と同じところや、行ったことのないところにも足を運びました。

 

 

箱根フリーパスを購入したよん

 

新宿からロマンスカーにのって、箱根湯本まで向かいました。

今回は色々見てまわるため、新宿駅で「箱根フリーパス」を購入。箱根フリーパスは、アクティブに箱根をまわりたい人にはとってもおすすめです👌バス、登山電車、海賊船、ロープウェイ、ケーブルカー等が乗り放題になるんです。新宿から購入した場合は、ロマンスカーの乗車券も含まれます(※特急券は別途購入する必要があります)。

 

▶箱根フリーパスの詳細はこちら

 

2日間有効(新宿発)のチケットは5,140円でした💰 お土産屋さんで割引されたり、美術館等の施設でも割引されるなど、完全に元を取れた気がします✨

 

 

箱根湯元でおそばを食べたよん

 

箱根湯本駅に到着後、まずは腹ごしらえ!おそばを食べたいな〜ということで、「治兵衛」というお店へ。箱根湯本駅の目の前にあるお店です。店内は非常に広くて、ゆったりとお食事できます。

 

▼山かけそばを注文

 

紅葉シーズンの箱根、まじでご年配の方が多くてビビりましたわ(治兵衛の店内も溢れてた)。昼からビールをあおってるおばあさんがいて、日本は平和だなと感じました(  ˘ω˘)🍻( ˘ω˘ )カンパイッ!!

 

食事をとったあとは、再度駅に戻り箱根登山電車に乗りました。

 

 

箱根登山電車で強羅まで

 

今回はバスや電車を駆使して広く箱根を回ったので、マップをもとにご紹介していきます!

 

\HAKONE's MAP!!/

 

まずは箱根湯本駅から強羅駅へ向かいました(マップ内の赤いルート)。利用したのは箱根登山電車です。ロマンスカーの反対車線から出ています。

 

車・バスで行ったほうが強羅には早くたどり着けます。その理由は、箱根登山電車は観光用の電車だからです。遠回りして、箱根の景観を車内から見ることができるんです。最初は普通に走ってるんですが、途中から逆走します(スイッチバックというそうです!)👀

 

▼特等席をとれました〜!

 

紅葉もばっちり見れました😊🍁

 

 

▼駅のホームに隣接されている銭洗弁天

 

約40分の乗車時間ですので、席の確保をおすすめします。前回箱根登山電車に乗った時、座席に座れず、夏で車内も暑くて、揺れがすごかったため、か〜な〜り気持ち悪くなってしまいました😥今回は席に座れたので快適でしたが、やっぱり揺れは激しいなという印象。乗り物酔いしやすい方や、足腰の悪い方は気をつけた方がよさそうです。

 

終点の強羅駅に着きました。

ここからはケーブルカーが出ていますが、いったんバスを使って移動しました。

 

 

▼ちなみに今回の旅のおともは「ことりっぷ」

 

 

 

お次は私が行きたかったところ「ポーラ美術館」のレポートでございます!

 

🌷つづく🌷

 

 

箱根のお宿「はなをり」に泊まったよ。

先日、お母さんと二人で親子みずいらずの箱根旅行に行ってまいりました🍵

その際に宿泊したのが、芦ノ湖の近くにある「はなをり」。というわけで、今回は「はなをり」のレビュー記事です!

ホテルレビューは、なんやかんやで初でございます✋

 

結論から言って、と〜〜〜っても素敵なお宿でした!

今回はお母さんと行ったのですが、友達と行っても、恋人と行っても大満足だと思います。ぜひこの記事が参考になればと思います👐

 

 

じゃらんで予約したよ

 

紅葉シーズンの箱根は非常に人気なので、一ヶ月前に予約サイトを見たところ、どこも結構な高値。どうせ高いなら抜群にいい場所に泊まろう!ということで、今回は奮発しました💰✨ じゃらんでお宿を探したところ、2017年にできたばかりの凄くキレイそうな宿を発見しました。それが「はなをり」です!

 

時々インスタの広告でまわってくる、こんな画像↓見たことありませんか?👀(私は結構見たことあって、「あ!ここは!」となりました)

 

※写真は公式サイトより

 

そう!これこそが今回泊まる「はなをり」なのです🎉

▶はなをり 公式ホームページはこちら

 

露天風呂付き客室で一人2万円ほどのお宿をとりました。

露天風呂付き客室、死ぬまでに一回は泊まってみたいってず〜〜〜〜っと思ってて。泊まっちゃえ!と思って予約しました♥

 

▶はなをりの予約はこちらから(じゃらんに遷移します)

 

 

「はなをり」までのアクセス

 

宿までは、予約すると小田原駅からバスで送迎してくれます。箱根湯本駅から行く場合は、芦ノ湖の「桃源台駅」に着くようにするのがオススメです。今回私は強羅の方からケーブルカー、ロープウェイを使って桃源台駅へ向かいました。

 

▼歩いて5分くらい!暗くても辿り着けます👍

 

立地がとても良いのもポイントです💡

 

▼入り口。1周年のアニバーサリーのれん!

 

外観はこんな感じ。季節はずれの桜が咲いてました🌸

 

 

 

入り口からエントランスまで

 

入り口までは坂道になっているので、ちょっとお年寄りにはキツいかも…?(他の道もあるのかな?)

 

 

大きな入口ではなく、サイドからのこじんまりとした入場。

 

▼ドーンと入るわけじゃないんです。その理由は後々!

 

中に入ると、受付と広々としたロビーが。売店とカフェも併設されています。

 

 

一番の見どころは、このテラスです✨

冒頭にのせたアー写がこちら!当日は曇り空だったため、少しぼんやりした画になっていますが、晴れたらもっと違うんだろうなぁ。このテラスの横には足湯ができるスポットもあります👌

 

▼サイドに入り口があるのは、このテラスのため。

 

芦ノ湖が一望できるので、ぼんやりとリラックスできます。海賊船の行き来を眺めるだけで、心が穏やかになりました🍵

 

 

お部屋のご紹介!!!

 

「はなをり」は3棟にわかれており、温泉・レストラン・受付がある棟+宿泊棟2つの構成になっています。受付の棟から一番遠い棟だったため、少し歩いたり「本当に合ってるかな…?」と迷いもしましたが、無事到着🙏

 

▼3階のお部屋に宿泊シマシタ

 

和洋折衷なお部屋です。と〜〜〜ってもキレイで、さすがは新築といったところです!

 

 

▼壁についてる薄型テレビ

 

テレビの横にある、飲み物とかおいてあるところ。ティーバッグ持って帰ればよかった(と今写真を見て気づいた…)。

 

 

▼お手洗いも、死角なしのキレイさ!

 

▼露天風呂、大浴場もあることから、シャワールームは小さめ。

 

\客室についてる!露天風呂!!!/

 

お部屋の露天風呂からも紅葉が眺められました🍁

 

 

部屋のアメニティも充実していて、スキンケアのアイテムもおいてありました。すべて「WAGOKORO」というDHCのアイテムで、シャンプーもキシキシせず、とても上質に感じました…✨

 

 

▼4タイプのアイテム、不足なし…!

 

▼シャンプーも良かったです!

 

 

待望のビュッフェへ‥

 

ホテルの楽しみのひとつ、それはお食事。今回は夜・朝食付きのプランにしまして、両方共ビュッフェ形式でございました。「季しかり(ときしかり)」というレストランでお食事をいただきました。

かなり広いレストランで、宿泊してるお客さんは皆このレストランを利用しているようでした💡

 

 

まずは↑の前菜・お刺身を選んでください、ということで色々とチョイス。ビュッフェだとついつい欲張りになって多く取ってしまうところ、すでにわけられてる小皿を取るとなれば、それも抑止できますよね。

 

別途でビールも注文。お食事は和食がメインで、全体的にヘルシーな味付が多かったです。ポテトとか、パスタ・ピザなどのジャンキーなものは一切ありませんでした。(ちょっとさみしかったw)お子様メニュー的なものもなかったので、大人向けの宿なんだなぁと改めて実感しました。

 

 

メイン料理のお肉とお魚は、あらかじめ配布されている木札を持って注文しにいきます。焼き上がりを席まで持ってきてくれるので、手間も省けます。

 

▼と〜〜〜〜っても美味しいステーキでした!

 

一番充実してるな〜と思ったのがスイーツコーナーです!お食事はヘルシー路線だったのですが、スイーツはそんなこともなく…甘いものが食べたい!という欲を満たしてくれるラインナップでした。

 

▼この時期ならではのマロンケーキ🌰

 

 

▼他にもチーズケーキやブラウニー、アイスクリームもありました!

 

これ以外にもひとつビックリしたポイントがありまして…

 

大浴場についてたドライヤーが、、、

すべて、、、

 

 

 

 

 

ダイソンだったんです…

 

初めてダイソンのドライヤーつかっちゃいました!快適ィ〜〜〜!

お部屋のドライヤーはダイソンではなかったのですが、大浴場はすべて!すべてがダイソォン。びっくりしてしまいました👀

 

 

「はなをり」のレポートをしてきたわけですが、こちらのお宿は大人向けだなと実感しました!

もちろんファミリーで泊まっている方も大勢いましたが、いちばんはお食事がかなりヘルシーだったので、お子様は物足りないかも…?という印象です。乳幼児だったらそもそも関係ないかもしれませんが…!

 

というわけで、「はなをり」のレポートは以上でございます👌

箱根で奮発したい!という方にはとってもおすすめの宿ですので、ぜひご参考ください〜!

 

 

▶はなをりの予約はこちらから

 

 

 

ディズニー・ハロウィーン(シー) '18 に行ったよ。

おひさしぶりのディズニーシーレポでございます!

っていっても、一ヶ月以上前のお話です。笑 時経ちすぎた\(^.^)/ 今回は10月末までディズニーシーで開催されていたディズニー・ハロウィンについてレポしていきます✋

 

▼去年のレポート(ランド編)はコチラ

ディズニー・ハロウィーン '17 に行ったよ。

 

今回のレポはかなり時間があいてしまったので、写真メインにしたいと思います。当日は10月とは思えない夏日・快晴だったので、とてもいい写真が撮れました✨

 

 

 

ヴィランズがたくさんいた件

 

 

ここ数年ディズニーシーのハロウィンのテーマはヴィランズ(ディズニー映画に出てくる悪役たち)です。去年はシーに行けなかったので2年ぶりでしたが、ヴィランズ感が前回よりパワーアップしたように感じました💡

 

ミッキーたちはヴィランズの仮装をしています。エントランスにあるタペストリーもヴィランズカラー・柄です🎃

 

▼ジャファーの仮装をしたグーフィー。タペストリーの正式名称がわからない…!

 

▼マレフィセントの手下・ゴブリン。躍動感あふれる足元w

 

エントランスではヴィランズのグリーティングがありました。メインハーバーではヴィランズのショー。さらにアメリカン・ウォーターフロントにはフォトスポットもありました📷 長蛇の列ができていたので、遠巻きから見守りました。

 

▼アースラちゃん

 

▼白雪姫の魔女おばさん

 

ヴィランズをモチーフにしたフードもたくさんありました!今回はパスタとうきわまんを食べたんですが、どちらも\リピ確/な美味しいごはんでした😋(限定フードだからなかなかリピできない涙)

 

▼アースラをイメージした海鮮系のクリームパスタ

 

▼普段より中のお肉がピリッとしました⚡

 

 

快晴フォト🌏

 

 

 

実はこの日、はじめてベネツィアン・ゴンドラにのったんです!ゴンドリエのお兄さんも優しくて(かっこよくて)優雅なひとときでした☕

 

 

 

▼我ながらいい写真(いい背中)や

 

 

ハピエストミッキースポット〜シー編〜

 

前回のランドレポ記事でもご紹介した”ハピエストミッキースポット”、略してミキスポ(勝手に呼んでる)。35周年を記念して、テーマランドに合わせたコスチュームを着たミッキーの銅像がいたるところに設置されています。ミキスポはランドだけではなく、シーにもあるんです✨

 

▼ミステリアスアイランド「ワカメ読むミッキー」

 

 

▼ロストリバーデルタ「鉄の網で捕まえた蝶」

 

▼メディテレーニアンハーバー「舵切りマウス」(いいの思いつかなかった)

 

今回ミキスポを3箇所しか巡ることができなかったので、近々リベンジしたいです😂

 

 

パジャマパーティーダッフィーが可愛すぎた

 

シーのお楽しみのひとつといえば、ダッフィー&フレンズ(* ̄(エ) ̄*)💘 この秋は「パジャマパーティー」をコンセプトに、パジャマ姿でお菓子やホットドリンクをたのしむダッフィーたちが登場しました。もうこれッ…最初かわいすぎて「!?!?」ってなったもん。

 

▼注目してほしい…スリッパに…

 

パラッツォ・カナル(ベネチアをテーマにした運河付近)では、ジェラトーニが描いたパジャマパーティーの様子が。

 

▼画伯うますぎぃ

 

▼ショップ内のダフィさんたち

 

エントランスのショーウィンドウの中に、ひときわ大きなダッフィーたちが飾られていました。みんな眠っていて、お腹がふくらむんです。やりよる…!!!

 

▼ガラスの反射がうつらないように近づいた結果、ドアップ

 

▼足元に添えられていたスリッパ…きゅん。

 

最近のダッフィーさんの勢いはすごくて、1シーズンにいろんなテーマのダッフィーを見ることができます👀今年のクリスマス期間中は「ダッフィーのクリスマス」と「ダッフィーのトゥインクルスター」という2つのテーマを展開しています🎉さらに35周年イベントに関連して「ハッピーマーチングファン」というテーマも。

 

1シーズンでいろんなダッフィーのグッズ、フード、フォトスポットが楽しめるという贅沢さ👏

 

▼ハッピーマーチングファンのダッフィーパネル

 

▼結構前からある、ハロウィン時期に出没する飾り(かわいい)

 

写真メインのレポートは以上でございます〜👊

(このくらいの文章量だとサックリ記事が書き終わるな…✨)

 

また来年ハロウィンディズニーにいけますように。

 

▼ハロウィンは夜の灯りにも注目です🎃