タイプ別!怖めの海外ドラマ 〜クリミナル・マインド編〜

前回記事より「タイプ別!怖めの海外ドラマ」シリーズを始めてみました😆

第一弾は「ウォーキング・デッド」。怖さにも色々あるので、「どんなふうに怖いのか?」を4つの指標で診断しながらご紹介していきます💡

 

▼ご紹介するドラマはこちら

1. ウォーキング・デッド

2. クリミナル・マインド FBI行動分析課

3. BONES

4. エイリアニスト

5. ハンニバル

 

今回は2番目の「クリミナル・マインド」です!

 

クリミナル・マインド FBI行動分析課

 

友達や同僚の方からおすすめされていたFBIモノ「クリミナル・マインド」。ファンの中では”クリマイ”と呼ばれたりしています(キスマイみたいだネ)。ウォーキング・デッド同様、ロングヒットのドラマです。

 

■ あらすじ

・FBIの行動分析課(BAU)のメンバーが事件を解決する物語

・”プロファイリング”という手法を用い、犯罪心理学の観点から事件を解決していく

・基本的に犯人はサイコパスが多い

 

\クリマイはここらへん/

 

クリマイは、死体やグロテスクな描写はほとんどないんですが、めっちゃ精神にきます。BAUが担当する事件は異常犯罪が多く、犯人がサイコパス・連続殺人犯ってパターンが王道です。

”被害者を生きて救出する”ことが彼らのミッションなので、作中で被害者は生存して助かることが多いです。ただ、その分被害者と犯人のやりとりが描かれているんですが…それが怖い\(;o;)/ 被害者目線になってくるので「早くBAU助けにきてぇ〜〜〜」という気持ちに。

あと展開が早いので、ボケッとして一言でも聞き逃すと「え!?どうなったんこれ!」という現象がおこるので要注意です⚠

 

そしてクリマイのいちばんイイところ…それはBAUのキャラクターが濃い!イイ!素敵!皆仲がいい!!!これにつきます👏BAUのメンバーはだいたい7〜8人なんですが、ジャンプのマンガばりにキャラが立っています!ただ1シーズンに1人は降板してしまいます。長く続いてる作品だけに、ずっと登場していたあのキャラが突然降板…なんてことも(´;ω;`)サミシイ!!

 

この後紹介する作品もそうなんですが、海外ドラマは長く続いているからこそ人間関係の変化や、個人の成長の描写が丁寧なんです。日本のドラマみたいに、出会って★ひとめぼれして★ちょっぴりケンカもして★でもやっぱりスキ!私も成長したゾ!みたいなのじゃありません!だからBAUのメンバーがどんどん仲良しになっていって、「俺達は家族も同然だ」って言ってても全くウソに聞こえない。事件は怖いけど、心あったまる描写も多い作品です😊

 

キャストや公式のInstagramを見ると、その仲の良さが垣間見えるので、そちらもオススメです!

 

★個人的推しキャラ:リード、ガルシア&モーガン(多い)

 

▼クリマイもHuluで見てます!

 

NEXT→BONES

タイプ別!怖めの海外ドラマ 〜ウォーキング・デッド編〜

キュレーションメディアの記事みたいなタイトルをつけてしまいました。

 

日々、息をするようにNetflix・Huluを見ていて、海外ドラマは何かしら見ています。最初はシットコム系のコメディドラマしか見ていなかったんですが、どんどんサスペンス・ホラー系も見始めるように。ひとくちに「怖いドラマ」といっても、色々なタイプがあると思うんですよね💡グロいのは苦手〜とか、ゾンビが大好き!とか。

 

そこで今回は、私が見てきた怖めの海外ドラマをタイプ別にわけてみたいと思います。

※こちらの記事は私の独断と偏見で書いているので「このドラマはそんなんじゃねぇぞ!」という方もいると思いますが、ご容赦ください🙏

 

 

\海外ドラマ 怖さ分析チャート/

 

いかに自分の図画作成能力が低いことがわかる。

指標としては、グロい or グロくない と精神的にくる or 頭を使わない の4つです✋

 

そしてご紹介するドラマはこちら!

 

1. ウォーキング・デッド

2. クリミナル・マインド FBI行動分析課

3. BONES

4. エイリアニスト

5. ハンニバル

 

ほとんどの作品がかな〜〜〜りメジャーな作品。「エイリアニスト」、「ハンニバル」は知る人ぞ知る…という感じかと思います💡

本当は1記事の中で全部おさめちゃおうかなと思ったけど、予想以上に長くなってしまったので1作ずつレビューしていくぞ✎

 

 

ウォーキング・デッド

 

超人気ゾンビドラマ「ウォーキング・デッド」でございます。

11月末ぐらいから見始めているので、まだ最新話までは見てません(今シーズン5くらい)。

 

■ あらすじ

・死者が蘇るウィルスが蔓延し、世の中がゾンビだらけになった終末

・数少ない生存者たちがゾンビから逃れ、安住の地を求める

・ゾンビとの戦いをはじめ、人間同士の縄張り争いも巻き起こる

 

\ウォーキング・デッドはここらへん/

 

 

心理戦とか巧妙なトリックとかないので、基本的には頭を使わずに見れるかな〜と思います💡

みんな最初は、今までの世界のルールとか倫理観に基づいて行動していました。が、そのままでは生き残れないことを悟り、どんどん本能的に行動していきます。なので「こうなったら、そうするよなぁ」みたいな単純さがあります(侵入者はコロス!みたいな)。

 

グロさについては、ゾンビのビジュアルに慣れちゃえばあんまり感じないかも。人間がゾンビに捕食されるシーンは、最初見た時「う、うわぁ〜〜…」ってなりましたが、回を重ねるごとに慣れていきました(個人差はありそう)。

 

あと見る前にウォーキングデッド好きの友達から「ゾンビの捕食シーン、バーベキューソースたっぷりのハムたべてるらしい」と教えてもらったので、そのフィルターがちょいちょいかかります。笑 あの捕食シーンむり(><)って人はこのことを思い出すと良さそう✋

 

注意事項としては、うかつにwikipediaを開くと誰がいつ死んだか、とってもわかりやすい表が出てくるので気をつけてください。笑 ものすっごいわかりやすい表でした…👏笑

 

あんまりハートウォーミングなシーンはありません。どっちかっていうとハラハラドキドキを楽しむドラマですね。

 

★個人的推しキャラ:ダリル

 

▼ウォーキング・デッドHuluで見れます😊

 

NEXT→クリミナル・マインド FBI行動分析課

35周年メリクリTDL!Part4

■バックナンバー

Part1 デコレーション&フード編

Part2 ミキスポ&リース編

Part3 デコレーション&お土産編

 

 

今年のメインツリーは…🎄

 

毎年ワールドバザールにドカーンと飾られていた巨大なツリー。今年はセレブレーションタワーがたっているため、お休みです。そのかわりにシンデレラ城の裏にツリーが飾られていました。

 

\じゃぁあん/

 

35周年のロゴがついた、いつもよりは小ぶりなツリー。こちら、本物のもみの木だそうです。パークオープン当時はこういうツリーが飾られていたんだとか…✨葉っぱが密集してないせいか、一枚一枚が灯りに照らされて、優しい雰囲気がただよっていました。

 

夜見に行った時に、ちょうどシンデレラ城のプロジェクションマッピングのショーをやっていました。そのためシンデレラ城の色がドンドン変わって、いろんなタイプの写真が撮れました📷

 

▼ピンクだったり…

 

▼ブルーも!タイミング次第で花火も一緒に撮れますね🎆

 

ショーを断念した方は、裏でクリスマスツリーを撮影するのもいいかもしれませんね!

 

 

めっちゃすごいよ!ワールドバザール

 

今年のワールドバザールは、クリスマスバージョンのプロジェクションマッピングが楽しめます(今さらですが「セレブレーションストリート」と言うそうな💡)。夜のセレブレーションストリート自体、今回初めて見たんですが、想像以上にキレイで感動しました!

 

ワールドバザールに入ると毎度おなじみのミッキーリースが…✨

 

 

\きゃ〜〜〜〜/

 

音楽にあわせてセレブレーションタワーも様々な色に光ります。ワールドバザールのショップの壁にプロジェクションマッピングうつしだされるのです💡

 

▼こんな感じ

 

ワールドバザールのはじっこのショップまで、ちゃんと映像がうつされるので、どこで見ても楽しめます😊

 

▼はじっこにあるエンポーリアム

 

今回の一番お気に入りの写真が↓こちら。ワールドバザール一体がクリスマスカラーで彩られています🎄ほんと、ディズニーのクリスマスは素敵だなぁ。・゚・(ノω`)・゚・。

 

▼よく見るとシンデレラ城もうつってる🏰

 

35周年のクリスマス、やっぱり特別な感じがしました✨クリスマスのディズニーがすでに自分にとって特別なんだけど、”35周年”がさらに特別にしてくれました( ˘ω˘)

 

また来年も行けますように!

35周年メリクリTDL!Part3

■バックナンバー

Part1 デコレーション&フード編

Part2 ミキスポ&リース編

 

 

他にもあるよデコレーション

 

前回まではシンデレラ城前のオブジェや、パーク全体のツリーやリースをご紹介してきました。他にもショーウィンドウ内のデコレーションを中心に、パークで発見したものをご紹介します💡

 

ミッキーたちが雪だるまのかたちになった「スノースノー」。毎年表情とか、洋服がちょこっとずつ変わってるんです。本当これ可愛すぎてね…、去年はミッキーのぬいぐるみ買っちゃったからね!

 

 

今年はスノースノーにグーフィーが仲間入りしました!ワールドバザールのショーウィンドウでは、耳をパタパタ動かすグーフィーがおりました。

 

▼躍動感のある耳。エンドレスパタパタ

 

ショップの中のスノースノーエリア。

12月にはいって一部の冬物グッズが値下げしていて、スノースノーのロングタオルもおよそ半額に!デザインもかわいかったので買ってしまいました〜☃

 

 

そしてクリスマスディズニーのショーウィンドウ!

見てるだけでかわいいよ〜〜〜(`;ω;´)

 

 

▼タンバリン、セッツ!!!!

 

▼白が基調のデザインはシーが多かったので、ランドは新鮮!

 

トゥーンタウンのギャグファクトリー(ショップ)では、35周年のデコレーションもありました。ショップ内にこういう飾りがあるのは初めて見ました👀 カッ、カワイイ…!って思って激写したよね。すき。

 

 

 

フォトでめぐるディズニーちゃん

 

ここからはクリスマス関係なく、パーク内で激写したフォトをご紹介いたします🌟

 

パン・ギャラクティック・ピザーポート」でカルツォーネ食べました。このお店はずーーっと80年代の雰囲気ただよってて本当に素敵よね。

 

▼メニューはリニューアルしても店内は変わらない

 

80年代といえば!こんなグッズが発売されていました。ネオンカラーのデザイン。とってもかわいい。

 

 

ポップコーンがリトルグリーメンになってるキーホルダー。バズverもございました!

 

 

「ミッキーの家とミートミッキー」にあるミッキーのソファ。20万やばい。

 

 

もうすぐ2019年ということで、お正月グッズも販売されていました。来年の干支はイノシシなので、プンバァのグッズがちょいちょい出てます。「アドベンチャーランド・バザール」というショップではトイカプセル(いわゆるガチャガチャ)が設置されています。今回のおもちゃはキャラクターのコマでした🎵

 

▼耳がカワウィー

 

お正月グッズつながりで、今回購入したお土産の一部をご紹介します。

めっちゃくちゃ久しぶりにチョコレート・クランチを購入しました👏しかもお正月バージョンで、ライオン・キングの仲間たちが水墨画タッチで描かれています。

 

 

▼裏面

 

チョコレートクランチは好きなんですが、大容量すぎたり缶が重かったりで、ここ10年ほど買ってませんでした。が、この和風な柄が珍しかったのと、きなこ味のクランチということで買ってしまいました!!

 

これ見た時に「きなこ味のクランチなんてあるんだ!?」と話してたんですが、近くにいたキャストさんが「1年に1回、この時期だけしれっと出してるんですよ😊」と教えてくれました。知らなかった〜〜〜!きなこ味とか、絶対日本でしか販売しないですよね。

 

▼ミルクチョコレート味ときなこ味

 

味も本当に美味しかったです…買ってよかった…何ならもう1缶ほしい( ˘ω˘。 )ホロリ

 

▼蓋もかわいい…

 

 

つづく!